不倫はだめだけど、昼顔ならいいような気がする

昼顔は不倫がドラマの中で表現されていて、実際の自分と比べると、まるで、縁のない世界だと思うのですが、ドラマを見ているうちに、もし、うちの夫が、今の夫でなければ、私も不倫に走っていたかもしれないという気持ちになりました。
私は不倫否定派ですが、もしも、上戸彩ちゃんのドラマの中の旦那さんのような人が、自分の夫だったら、やっぱり、違う人と恋におちてしまうのは時間の問題だとおもうし、吉瀬美智子さんのドラマの中の旦那さんのような人であれば、不倫されて、当然という気持ちにさえなります。
不倫否定派なのに、昼顔は否定派じゃない自分が不思議です。

ドキドキハラハラするドラマ

毎回、母と見ていますが、本当に面白くて一話一話、話がしっかりしています。主演の上戸彩ちゃんの可愛いけど少し大人っぽい魅力も出ていて、益々上戸彩ちゃんを応援したくなりました。思わず次回が待ち遠しくなるドラマの作りで、緊張感を感じながら見ています。
ドキドキすることやハラハラすることってなかなかないと思うのですが、このドラマを見ているとそのドキドキハラハラ感をたっぷり味わうことができます。本当に癖になってしまいそうなドラマです。上戸彩ちゃんと吉瀬美智子さんの二人にスッカリはまってしまいました。

こんな世界も身近にあるのかな?

『西の魔女が死んだ』梨木香歩さん著書のこの本は私の世界観を変えました。

守りたいものがあり、つい必死になるとどうしても自分に思うとおりになって欲しいと無意識下でも思いがちになります。その自分の思い通りにすることが可能ならば、私は、思い通りにしてしまうと思います。

私は、孫側の人間でした。この本と出合って、私にとっての祖母側の人間からの溢れんばかりの愛情を感じることができました。

作品中の西の魔女が伝えていた、時間を大切に使うということを実践していこうと決めてから4年になりますが、今だに怠惰な生活をしてるのは残念ですが・・・

この世に偶然なんてないあるのは必然だけ

一時期、人生の中で大きな壁に当たりました。それは、説明のしようのないくらい深く暗く、何を考えていても明るくなることがありませんでした。

そんなある日、レンタル店でclampという作家のxxxHoLicという漫画と出会いました。この中で不思議な店の店主が「人はいろんなものと出会って変わる、だから面白い」といった内容がありました。それは、まだ短い年月しか生きていない自分にとって衝撃的なもので、いろんなものと出会って別の視点で世界を見ようと思って今日まで至ります。

また、友人の親戚が不幸に遭い落ち込んでるところで、タイトルにある不思議な店の店主の言葉と自分が思ったことを付け加えて伝えると、普段、あまり会話もしない間柄だったにも関わらず、「ありがとう」と、本当に笑顔で返してくれました。

この本と出合えたからこそ自分を守り、友人の笑顔を見ることができたのだと思います。